青年部


青年部活動報告

篠栗町商工会青年部では、地域経済を支える青年の団体として、自立した経営者となるために、資質向上事業・研修事業・地域貢献事業等を積極的に行っています!

 

2014年版篠栗町電話帳を配布しました(2014.6.1)

『てるる』2014年版篠栗町電話帳を町内に配布いたしました。この電話帳は、一年がかりで青年部員が、広告募集・編集・印刷と全て行って完成したものです。

 

3年に一度の製作ですが、町民の方々に大変重宝いただいております。広告をいただきましたスポンサーの皆さま、大変ありがとうございました。

 


平成25年度商工会青年部総会が開催されました(2014.4.17)

去る。4月17日、平成25年度篠栗町商工会青年部総会が開催され、キャラクター『くりみん』事業や、電話帳製作事業が報告され、また、平成26年度の新たな事業計画が提案されました。

 

2年目を迎える北村部長からは、青年部員の結束を固め、地域振興のために全力で取り組む決意が述べられました。


県外視察研修会を開催しました(2014.1.25~26)

宮崎県『石野田臼太鼓踊り』『田野物産センターみちくさ』に視察研修に行きました。

 

肥後細川藩主時代から伝授させてきた踊りと、日本一の生産量を誇る干し大根の生産技術を見学し、地域資源の維持・保全・継承が学べました。


商工会青年部で『3町バーガー』を販売しました(篠栗町・粕屋町・久山町)(2013.11.30)

第29回粕屋農業まつり会場において、篠栗町・粕屋町・久山町の地元食材の良さを活かしたハンバーガーを販売しました。

篠栗産「椎茸」、粕屋産「ブロッコリー」、久山町で生育された「やよい豚」のバラ肉を、地元産「米粉」を使ったパンで挟んだハンバーガーを600個販売しました。

 

お客様には「このハンバーガーを楽しみにしとったよ。」と嬉しいお言葉もいただきました。ご協力いただきました地元パン屋さん『ありがとうございました。』

 


九州森林スポーツフェスタに出店しました(2013.11.17)

近年、1000名以上の参加者がある『九州森林スポーツフェスタ』のメイン会場若杉楽園にて、フランクフルトの販売を行いました。

 

小学生から大人までの方々が、マラソンやウォーキングに参加され、心地良い汗を流され、篠栗町を満喫されていました。

 


篠栗町文化祭に出店しました(2013.10.27)

歴史ある『第42回篠栗町文化祭』で焼鳥などの販売・くりみんグッズの販売を行いました。

2日間にわたって開催されたこのイベントでは、日頃の練習の成果を披露されたり、すばらしい作品が展示され、1200名を超える参加者の心を引き付けていました。

 

青年部コーナーでお買い求めいただきました皆さま、ありがとうございました。

 


青年部&女性部共催による献血事業を実施しました(2013.7.24)

青年部・女性部では長年実施している『愛の献血』を行いました。

夏の猛暑にもかかわらず、85名の方々に献血のご協力をいただきました。

ありがとうございました。

 

今年度、この献血事業は厚生労働大臣にも評価を受け、感謝状をいただきました。今後も地域貢献に積極的に取り組んでいこうと考えております。

 


『ゴーヤの植え付け』を行いました(2013.5.29)

昨年に引き続き、JR篠栗駅とJR城戸南蔵院駅に『ゴーヤの苗』の植え付けを行いました。

夏には緑の涼しさを感じさせる『ゴーヤカーテン』に』成長するのを楽しみにしています。

 

青年部では『ゴーヤカーテン』が篠栗町の観光資源の一つになることを期待しています。

 


『鯉のぼり事業』(2013.4.15~5.23)

端午の節句となるこの時季に、カブトの森公園で鯉のぼりを泳がせ始め、今年で13年目となります。この鯉のぼりの中には、平成24年度に町立幼稚園を卒園した園児たちによって色付けされた記念に残る7匹の鯉のぼりも元気に泳いでいます。

 

鯉のぼりをご提供いただきました皆様には、部員一同、心より感謝申し上げます。

 


『平成24年度商工会青年部総会』が開催されました(2013.4.16)

去る、4月16日、平成24年度篠栗町商工会青年部総会が開催され、象徴する事業として、キャラクター『くりみん』事業や、ゴーヤカーテン普及事業が報告されました。

 

また、花田部長に引き継ぎ、北村新部長体制のスタートとなり、青年部の歴史と伝統を受け継ぎながらも北村カラーを前面に出していく強い決意が述べられました。